結婚が決まったら保険の加入・見直しをするベストタイミング

富裕層の方と結婚が決まったら、やっておきたいことのひとつに保険の見直し・加入があります。
これから家族になるパートナーのことを考えて、万が一の場合に備えて保険の見直し・加入をしましょう。
保険についても富裕層ブライダル研究所がサポートさせていただきます。
結婚のタイミングで保険について考えなければいけない理由や結婚式のトラブルを保証してくれるブライダル保険について知っていきましょう。

結婚は保険について考える良い機会

独身時代は自分の人生だけを考えて生活していれば問題ありませんでしたが、結婚すると家族のことも考えなければいけません。
病気やけがで働けなくなってしまった場合や死亡してしまった場合、家族の生活を保障しなくてはならないのです。
その万が一の際に役立つのが保険ですので、結婚のタイミングで見直し・加入をしておきましょう。

保険のことを考える際のチェックポイントを3つ

  1. 2人の保険加入状況の確認と貯蓄額の把握
    パートナーと一緒に現在加入している保険と貯蓄額を確認しましょう。
    元々加入している保険があれば、受取人の変更など手続きが必要になる場合もあります。
    また、貯蓄額によってどれくらいの額の保険をかけておくべきなのか必要な数字が見えてきます。
  2. 今後のマイホーム計画や子供の希望について確認
    今後のマイホームや子供の希望について話し合いができると、人生においてどれだけのお金の流れがあって、どれくらいの保障が必要かわかってきます。
    マイホーム購入や子どもが生まれた時も保険を見直す機会になります。
  3. 結婚後の働き方について話し合う
    家族の働き方によって必要な保障額は変わってきます。
    結婚後は共働きなのか、どちらかが専業主婦(夫)なのかなど話し合っておきましょう。

結婚式のもしもに備えてブライダル保険への加入を検討する

富裕層の結婚はお金をかけて式を挙げることもあるでしょう。
何かしらの理由で結婚式を延期やキャンセルをしたり、挙式当日に不測のトラブルが起きたりするかもしれません。
結婚式を挙げる前にブライダル保険にはいっておけば、様々なトラブルの保障を受けられるので入っておくと安心です。

結婚が決まり保険について相談したい方がいましたら、ぜひ富裕層ブライダル研究所までご連絡ください。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA