子どもの産み分けを希望する方へ

妊娠を希望する上で、性別にもこだわりたい方が増えています。
男女平等になったとはいえ、富裕層と結婚した方は男の子の跡取りをうまなければならないプレッシャーがあるかもしれませんね。
現代では医療が発達したため、方法によっては99%の確率で産み分けが可能になっています。
産み分けについて知っていきましょう。

産み分けの原理

赤ちゃんの性別は精子の持つ性染色体の種類によって決まります。
卵子の持つ性染色体はX染色体です。
そこにX染色体をもつ精子が結合するか、Y染色体をもつ精子が結合するかで男女が決まります。
X染色体の精子の場合は女の子、Y染色体の場合は男の子が生まれます。

産み分けの方法5つ

産み分け方法5つを紹介していきます。
産み分け方法を取るためには、基礎体温をつけることが大切です。
妊娠を考えているなら、まずは基礎体温をつけましょう。

  1. ゼリー使用による産み分け
    膣内の酸性度は男女の産み分けに重要です。
    X精子は酸性に強く、Y精子はアルカリ性に強い性質を持っています。
    この特徴を利用し、産み分けゼリーが開発されています。
    女の子が欲しい場合はピンクゼリーを使用し、X精子が活動しやすいように膣内を適度な酸性に保ちます。
    男の子が欲しい場合はグリーンゼリーを利用し、Y精子が活動しやすいように膣内のアルカリ性を高めます。
  2. リンカル服用による産み分け
    リンカルとはリン酸カルシウムのことで、男の子を希望する場合に服用します。
    リンカルを服用すると男の子が生まれる確率が8割にもなります。
    しかし、なぜ男の子が生まれる確率があがるのかは詳しく解明されていません。
    副作用や胎児への影響は心配ありません。
  3. 性交日による産み分け
    排卵日に近づくと、女性の膣内の酸性度はアルカリ性に近づきます。
    X精子は酸性に強く、Y精子はアルカリ性に強い性質を持つため、女の子が欲しい場合は排卵日の2日前、男の子が欲しい場合は排卵日当日に性交のタイミングをとる方法です。
  4. オーガズムによる産み分け
    性交中に女性がオーガズムに達すると、子宮頚管から強いアルカリ性の液が分泌されるため、男の子を授かりやすい傾向があります。
    X精子は酸性に強く、Y精子はアルカリ性に強い性質を持つため、女の子が欲しい場合は女性がオーガズムを感じないセックス、男の子が欲しい場合は女性ができるだけオーガズムを感じるセックスをすると、男女の産み分け条件が良いとされています。
  5. 着床前診断による産み分け
    産み分け成功率が99%と最も高いのが、着床前診断による産み分けです。
    受精卵の段階で性別を確認し、欲しい性別の受精卵を子宮に戻して出産する産み分け方法です。
    今まで紹介した①~④は、パートナーとセックスをして妊娠、産み分けをする方法でしたが、⑤だけは体外受精という形で妊娠、出産となります。

富裕層ブライダル総合研究所では、子どもの産み分けもサポートさせていただきます。
産み分けについて相談したい方は、ぜひこちらまでご連絡ください。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA