結婚を経て家族計画を考えている方へ

結婚を済ませると思い浮かんでくるのが、今後の家族計画かもしれません。
愛する人との子どもが欲しいと考えるのは自然なことです。
また、富裕層の結婚ですと、跡取りを産みたいと考えている方もいるかもしれませんね。
子どもが欲しいと思うタイミングは人それぞれです。
今すぐほしいと思う方も、しばらくは2人の生活を楽しみたい思う方もいるはずです。
日本の新婚夫婦の子作り事情や妊娠についての情報を知って、ベストなタイミングで子作りしていきましょう。

子作りは結婚何年目がベスト?

子作りは結婚何年目がベストと断言するのは難しく、夫婦2人の子どもが欲しいという考えが一致したときがベストタイミングです。
大まかに3パターンほどに分かれます。

  1. 結婚後すぐ子作りをする夫婦
  2. 2~3年新婚生活を楽しんでから子作りをする夫婦
  3. しばらく2人で過ごしてから子作りをする夫婦

授かり婚も増えている今、結婚してから5年以内に子作りをする夫婦が多いようです。

日本の初産の平均年齢は30歳

日本の初産の平均年齢は2011年から30歳を超えました。
以降、現在まで30歳が平均となっています。
初産が30歳より早いから良い、遅いから悪いというわけではありません。
しかし、妊娠の現実として男性も女性も年齢が上がるほど妊娠率は下がっていきます。
高齢出産が増加傾向にあり、幸せな出産を実現している方は多数いますが、妊娠できなくて悩む方も少なからずいます。
ご自身とパートナーの年齢を考えて子作りの時期を考えましょう。

妊活開始からどれくらいで妊娠できる?

子作りをすると決めて妊活を始めた場合、どれくらいの期間で授かることができるのでしょうか。
妊活をした女性に行った複数のアンケート結果から、30代前半までの女性なら妊活を初めて半年~1年以内には半数以上が妊娠できています。

富裕層ブライダル総合研究所では、新婚のお2人の家族計画もサポートさせていただきます。
家族計画について相談がございましたら、ぜひこちらまでご連絡ください。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA